スポンサーサイト

  • 2010.05.28 Friday
  • -
  • -
  • -
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク

一定期間更新がないため広告を表示しています


<口蹄疫>雇用調整助成金支給要件を緩和 厚労相(毎日新聞)

 宮崎県で多発している家畜伝染病の口蹄疫(こうていえき)をめぐり、長妻昭厚生労働相は25日の閣議後会見で、従業員の休業手当に相当する額の一部を助成する「雇用調整助成金」の支給要件を緩和する方針を示した。口蹄疫に関係して売り上げが減った宮崎牛利用の飲食店や発生地の市町村内の事業主などが対象。

 通常、生産量や売り上げの最近3カ月間の月平均がその直前の3カ月に比べて減少した事業所などが対象だが、最近1カ月間の月平均が直前1カ月に比べ減少している事業主が利用できるようにする。対象として、宮崎牛を扱う食肉加工業者や運搬業者などのほか、発生地自治体内の企業や一般商店も想定している。他県でも関連が認められれば適用される。実施は25日。

 また、赤松広隆農相は25日の閣議後会見で、宮崎県が殺処分をせずに経過観察を要望している種牛49頭について、「(殺処分を)やるのは当然のこと。まだ49頭が残っていることのほうがむしろおかしい」と再考しない意向を示した。

 また、搬出制限区域の家畜を早期出荷させて緩衝地帯をつくる政府方針に関連し、現地対策本部長の山田正彦副農相が24日、食肉処理後に一時保管させる意向を表明したことについては「多少、本人の思いがあったかもしれない」などと述べて事実上否定した。牛より豚を優先する処理は「豚は急げば2週間ぐらいでできる」との見通しを明らかにした。【野倉恵、佐藤浩】

【関連ニュース】
口蹄疫:鹿児島県が種牛を離島に分散避難
口蹄疫:種牛殺処分に6000人が「助命」署名
口蹄疫:義援金名目で寄付要求 詐欺未遂で宮崎県警捜査
口蹄疫:国は種牛49頭延命認めず 地元、受け入れず
口蹄疫:家畜の清浄性検査を開始…宮崎・えびの市

川崎信金秘書室長を逮捕=覚せい剤所持容疑、大手企業社員らも―神奈川(時事通信)
<口蹄疫>家畜の埋却用地を宮崎県農業振興公社が買い取り(毎日新聞)
省エネ大賞・新エネ大賞は廃止…仕分け第2弾(読売新聞)
マージャン参加させ恐喝=中学生5人から40万か―容疑で16歳少年逮捕・警視庁(時事通信)
居眠り運転警告シートに国土交通大臣賞(レスポンス)

環境団体から「くい打ち方式NO」  「逃げ道」ふさがれた鳩山首相(J-CASTニュース)

 米軍普天間基地の移設問題で、鳩山由紀夫首相にさらに耳が痛い話が飛び込んできた。地元沖縄と米軍、与党の社民・国民新党の反対に加え、環境保護団体も政府が検討している沖縄・辺野古沖「くい打ち桟橋方式」に「NO」を突きつけた。最終的に元の埋め立て案に戻るという憶測まで飛び出し、事態は混迷を深めている。

 2010年5月14日、環境保護団体などが衆院議員会館で集会を開き、「『くい打ち桟橋方式』も豊かな海の生物多様性を破壊します」などとする共同声明を発表した。賛同した67団体・個人25人の中には、世界自然保護基金(WWF)ジャパンやグリーンピース・ジャパン、日本自然保護協会など著名団体も名を連ねている。

■「環境への影響が少ない、というのはまやかしだ」

 鳩山首相は5月4日に就任後初めて沖縄県入りし、辺野古をかかえる名護市の稲嶺進市長と会談した際、「辺野古の海を汚さない形での決着を模索していくことが重要だ」と話した。従来の埋め立て案をくい打ち桟橋(QIP)方式へ変更することを念頭に置いた発言だ。

 QIP方式は、埋め立てのように海流をせき止めることもないので生態系への影響は少ない、とする説がある。県外移設を主張していた鳩山首相が、結局「すべてを県外というのは現実的に難しい」(5月4日)と認めざるを得ず、場所も従来案通りの辺野古の線で進める状勢になる中、せめてもの「改善点」として「環境」のキーワードにすがった形だ。

 しかし、今度はその「環境」からも反対の火の手が上がった。5月14日の共同声明を出した団体の関係者らはその後首相官邸へ行き、滝野欣弥官房副長官に辺野古移設への反対を伝えた。代表格の沖縄大の桜井国俊教授(環境学)は、QIP方式について、工事による海底のかく乱や構造物による光の遮断のため、サンゴやジュゴンのえさとなる海草が「絶滅のおそれにさらされる」と訴えた。与党・社民党の服部良一衆院議員も同席した。

 現場にいたWWFジャパンの花輪伸一さんに取材すると、「QIP方式が環境への影響が少ない、というのはまやかしだ」と話した。「基地は沖縄もNOだし、他県もNO、日本全体がNOといっている」として、5月末決着にこだわらず、国外移転へ向け交渉すべきだと訴えた。海外のWWFとの連携はこれまでのところ考えていないという。

■「沖縄は鳩山首相に対して憤っています」

 鳩山首相にとっては、頼みの綱の「環境」のはしごをはずされた形だ。こんな状勢では元の埋め立て案へ戻ってしまうのか。朝日新聞朝刊(5月14日)の「時時刻刻」によると、「首相周辺からは『工法なんてなんだっていい。米国がのめばいいんだから』という声すら上がる」「具体的な工法は6月以降に先送りしてハードルを下げ(略)」という動きもあるようだ。「結局は埋め立て」という決着も現実味を帯びている。

 ところが、ここまで話をこじらせてしまったら、簡単に元の埋め立て案にも戻れないと、ある自民党の沖縄県議は怒り心頭だ。元の自民党案のときに「苦渋の選択」で辺野古埋め立て案を容認した。地元企業へお金が落ちる形も考慮して埋め立て方式に決まった。QIP方式は高度な技術が必要なため「地元へはカネが落ちない」として却下された案だ。

 しかし、鳩山首相の「最低でも県外」に可能性を感じ、自民党の沖縄県連も「オール沖縄で県外移設を」の流れに乗ることに「苦渋の決断で方向転換した」。今さら簡単に「やっぱり辺野古埋め立てで」とはいかない状勢になっているという。

  「ここまでこじれさせた責任をどう取るつもりなのか。私が自民党だから、ではなく本当に沖縄は鳩山首相に対して憤っています」


■関連記事
普天間移設 「辺野古桟橋と徳之島」で政府案調整 : 2010/04/29
普天間5月決着「絶望的」 ささやかれ始めた鳩山首相の「次」 : 2010/04/14
「パンドラの箱」開けてしまった 普天間で混迷深まる鳩山政権 : 2009/11/16
「仕分け」されなくてよかった 文化事業で生まれた奇跡のアルバム : 2010/05/11
営業中に映画鑑賞「製造だってサボってるじゃないか!」 : 2010/05/14

五輪メダル計10個!池谷&長塚&谷…民主チーム五輪で参院選(スポーツ報知)
村井仁長野県知事が退任表明(産経新聞)
昨年のOTC市場、第一類医薬品で明暗(医療介護CBニュース)
首相、長いわりにはさっぱり分かりません。(産経新聞)
<口蹄疫>「全頭処分」も検討 平野官房長官(毎日新聞)

明細書の取り扱い、全医療機関で院内掲示を―厚労省(医療介護CBニュース)

 厚生労働省はこのほど、診療報酬算定方法をQ&A形式でまとめた「疑義解釈資料その3」を全国の地方厚生局などに事務連絡した。レセプト並み明細書の取り扱いに関しては、すべての医療機関と薬局で院内掲示が必要としている。

 また、患者本人に代わって家族が会計を行った場合の取り扱いについて事務連絡では、「明細書を代理の者に発行することとしても差し支えない」との考えを示している。ただ、患者が家族に病名を知られたくないケースも想定されるため、家族など代理への発行を含めて患者が明細書の発行を希望しない場合は、院内掲示で事前の申し出を促すよう求めている。

 今回、明細書の発行が義務付けられたのは、レセプトを電子請求している医療機関や薬局で、原則として全患者への無償発行が求められている。
 これに対し、電子請求が義務付けられていても、「明細書の発行機能がないレセプトコンピューターを使用している」「明細書を発行するのに自動入金機の改修が必要」といった「正当な理由」があったり、レセプトの電子請求自体が義務付けられていなかったりする場合には、明細書の無償発行も義務化の対象外になる。
 ただし、このうち「正当な理由」がある医療機関や薬局でも、患者の求めがあれば明細書を発行しなくてはならない。

 事務連絡によると、明細書の発行が義務付けられた医療機関や薬局では、「明細書を発行する旨」を院内掲示する。
 一方、電子請求が義務付けられているが、明細書の無償発行を行わない「正当な理由」がある場合には、▽「正当な理由」に該当する▽明細書を希望する患者には発行する―旨を掲示する。また、明細書を発行する場合の手続きや費用徴収の有無、費用を徴収する場合の金額の掲示も求めている。
 電子請求が義務付けられておらず、明細書の原則無償発行が義務付けられていない場合には、発行の有無のほか、発行する場合の手続きや費用徴収の有無、費用を徴収する場合の金額を院内掲示する。


【関連記事】
医療費を国際比較する統計で議論へ−厚労省検討会初会合
【中医協】11項目の改定結果検証項目案を大筋了承−総会
窓口の明細書発行、入金機利用が大半なら希望者のみで可
明細書発行で「医療が良い方向に」―全自病・邉見会長
慢性の痛み、薬の大半が適応外使用―明細書発行に懸念も

20代女性3割が喫煙、全国平均の倍 新潟(産経新聞)
<俳句>第1回田中裕明賞に高柳克弘さんの「未踏」(毎日新聞)
「医師不足知り…」着任直前、無免許ばれ女逮捕(読売新聞)
希少疾患LGSの治療薬の国内フェーズ3試験を開始(医療介護CBニュース)
農水OBが3法人理事兼務、事務所は同じ報酬は別(読売新聞)

<地域政党>「減税日本」を結成 名古屋市の河村市長(毎日新聞)

 名古屋市の河村たかし市長は26日、減税を軸にした新しい地域政党「減税日本」を結成した。同日午前、愛知県選挙管理委員会に政治団体として届け出、自らが代表に就いた。

 河村市長は記者会見を開き、「減税は絶対的な政治の原点。相当な使命感を持って訴え続ける勢力をつくらないかん」と述べ、減税を政策の第一に掲げる考えを示した。

 河村市長が政策の根幹に据える「市民税10%減税」は、市議会が恒久化に反対し、1年限りの時限措置に修正された。市長は、支援団体とともに議会解散のための署名運動への動きを本格化させている。市長は市議会解散による選挙か、任期満了に伴う来年4月の統一地方選で候補者を擁立。75の定数の過半数の議席獲得を目指す。現段階で新党に参加を表明している現職市議はいないが、市長の支援団体で市議候補を募集しており、既に約50人集まっているという。

 河村市長は「(減税の時限措置化は)市民不在で決められた。覆すには市民が立ち上がるしかない。減税を勝ち取るための勢力を一人でも多く立てる」と語った。今のところ、参院選での候補者擁立は考えておらず、参院選は民主党の応援に回ることを決めている。【高橋恵子】

【関連ニュース】
みんなの党:名古屋リコール署名集め支援へ 渡辺代表
名古屋市議会:民主党市議団 報酬削減の検討会設置へ
名古屋市議会:恒久減税案など 委員会で全会一致で否決
名古屋市議会:恒久減税など再提案 可決可能性低く
名古屋市議会:条例に基づく初の報告会 市民100人参加

<振り込め詐欺>泥はね服汚れた…大阪府警が容疑者逮捕(毎日新聞)
口蹄疫疑い牛4例目=殺処分264頭に拡大−宮崎(時事通信)
【風】「輝ける人生」価値観さまざま(産経新聞)
ローソンに脅迫文、現金要求=カッター刃商品との関連捜査−警視庁(時事通信)
徳之島「構想」より緻密な提案を…米国務次官補(読売新聞)

研究内容の第三者評価導入へ―医薬基盤研事業仕分け(医療介護CBニュース)

 厚生労働省が4月22日に実施した「省内事業仕分け」では、「独立行政法人医薬基盤研究所」が対象となり、大学の研究と製薬企業の開発の間に、厚労省所管の独法が介在する意義があるかどうかが問われた。同研究所側は、組織のスリム化と併せて、重点研究分野を▽難病の治療薬開発▽医薬品の毒性の事前予測▽次世代ワクチンの開発―の3点に絞る方針を提示。これに対し、長妻昭厚労相は「その研究が本当に適正なのか、より客観的に第三者が評価できるような仕組みを考えていきたい」と述べた。

 仕分け人からは、「この法人だからできる本当に必要なものに絞って研究していただきたい」(田口正俊・厚生労働行政モニター)、「事業そのものの大切さは分かったが、このままでいいのかどうか疑問がある。データセンター化する機能が大切だと思う」(河北博文・河北総合病院理事長)、「企業がやれないのだろうか、いまひとつまだ理解できないところがある」(赤沼康弘・日弁連高齢者・障害者の権利に関する委員会委員)などの意見が出た。

 また、同研究所が「独法国立健康・栄養研究所」との統合を予定していることについて、仕分け人の田代雄倬・元川崎製鉄環境エンジニアリング部長は「やっていることをより効果的にやるという趣旨だと思うので、積極的に進めていただきたい」と述べた。


【関連記事】
PMDA省内仕分け、好意的意見続出
仕分け前半の対象、福祉医療機構やPMDAなど47法人
福祉・医療貸付の継続で意見分かれる−厚労省内事業仕分け
労働者健康福祉機構の伊藤理事長は「今年中に交代に」−長妻厚労相
「独法管理部門のチェック機能は甘い」―省内仕分けで長妻厚労相

20日に全国学力テスト=事業仕分けで抽出調査に−文科省(時事通信)
両陛下、宝塚歌劇を鑑賞(時事通信)
「メール下さい」のノエビア元副社長、初公判(読売新聞)
福島・社民党首が石原都知事の発言の撤回求める(産経新聞)
問題多い民主党の公務員改革(産経新聞)

<GW>連続平均5.4日 今年は少し短め(毎日新聞)

 全国労働基準関係団体連合会は15日、今年のゴールデンウイークの企業の連続休暇に関する調査結果を公表した。連続休暇は平均5.4日(前年比0.3日減)で、前年より少し短めのゴールデンウイークとなりそうだ。

 調査は、1330事業所を対象に実施し、1116事業所が回答。3日以上連続した休暇を「連続休暇」と定義し、4月16日〜5月15日の間の取得予定を聞いた。

 その結果、製造業で5.9日(同0.4日減)、非製造業で5日(同0.1日減)といずれも減少。7日以上の連続休暇を実施する事業所は22.4%(同0.7ポイント減)で、製造業では36.5%に上ったが、非製造業では7.6%にとどまった。最も長い連続休暇は、輸送用機械器具製造業の2社で12日間だった。

 昨年より連続休暇が減少した理由(複数回答)は、約90%が「暦の関係」と回答。生産量の回復など「景気の影響」を挙げたのは3.4%(前年0%)だけだった。

【関連ニュース】
桂浜:GW、楽しんで 高知大生、見どころマップ作製 /高知
サイクルトレイン:豊橋鉄道でGWに合わせ 渥美線で初の試験運行 /愛知
GW:渋滞予測 東北道は昨年並み /青森
GW:東名高速道、渋滞多発 ピーク、下り来月1〜3日・上り来月3〜4日 /静岡
高速道路:GWの渋滞緩和策、30日にもETC割引 /山口

警察署から盗み出す、高校生らオートバイ部品を(読売新聞)
<JCOM>「デジ・アナ変換」来夏から実施(毎日新聞)
「竹島、韓国不法占拠」新年で言及しない意固地外相 国会追及、宗男氏も参戦(産経新聞)
男児ポルノサイト主宰者、東南アジアで児童買春か(読売新聞)
<殺人>長男が家族5人刺す 父親と乳児死亡 愛知県豊川市(毎日新聞)

国宝飛雲閣の公開始まる 西本願寺(産経新聞)

 浄土真宗本願寺派本山の西本願寺で9日、国宝・飛雲閣の特別公開が始まった。宗祖親鸞の750回大遠忌法要のカウントダウンイベントの一環。豊臣秀吉が建てた聚楽第の一部ともいわれ、建物内には入れないが、左右非対称の変化に富んだ一層の屋根など、外からじっくりと堪能できる。

 庭も新緑の時期を迎えて見ごろとなり、奈良県三郷町の主婦、高岡ケイ子さん(62)は「威厳があり、まるで豊臣秀吉が中にいるよう」と話していた。

 15日まで。拝観時間は10−12日は午後0時半〜同3時、13−15日は正午〜午後3時。13−15日は経蔵、書院も一般公開される。

【関連記事】
二条城もネットで散策 グーグル画像公開サービス、32施設追加
異例「東・西」本願寺そろって協力要請 親鸞遠忌法要
新成人が仏門に帰依誓う 西本願寺で「おかみそり」
東、西本願寺ですす払い 1年のほこり出し迎春へ
車窓から眺める夜の京都はいかが? 「観光よるバス」運行へ
「中国内陸部の資源事情とは…?」

【こども】砂場遊びの効用 自発的な遊びの中に意味のある変化(産経新聞)
「政治生命のすべてかける」結党会見で平沼氏(読売新聞)
会合出席者などにもさまざまな思い 名張毒ぶどう酒事件(産経新聞)
普天間で解散、衆参同日選も…自民・大島氏(読売新聞)
「たちあがれ日本」旗揚げ=反民主、「第三極」目指す−平沼、与謝野氏ら5議員(時事通信)

神崎元公明代表、議員辞職(産経新聞)

 衆院は6日の本会議で、公明党の元代表、神崎武法常任顧問が提出していた議員辞職願を許可した。これに伴い昨年の衆院選比例九州ブロックで次点の遠山清彦元参院議員が繰り上げとなる。正式当選は後日開かれる中央選挙管理会の告示による。

【関連記事】
自公連立の象徴 神崎氏が議員辞職届提出
公明・神崎元代表が辞職表明
公明・神崎元代表が最後の質問 4月1日に引退表明へ
神崎元公明代表、引退へ 坂口副代表も勇退検討 自民離れ加速
公明新代表に山口氏内定 新執行部は8日決定へ
「中国内陸部の資源事情とは…?」

<訃報>後藤悟さん81歳=立行司の第28代木村庄之助(毎日新聞)
SS元船長を傷害など5つの罪で起訴 東京地検(産経新聞)
落とし物を届ける間に出火、ラーメン店全焼 和歌山(産経新聞)
病腎移植3例目はじまる 愛媛・宇和島徳洲会病院(産経新聞)
アフガン邦人記者不明「誘拐は承知」官房長官(読売新聞)

<梅田北ヤード>1期区域の造成工事始まる(毎日新聞)

 JR大阪駅北側に広がる大阪最後の一等地「梅田北ヤード」(約24ヘクタール)の先行開発区域(1期区域、約7ヘクタール)の造成工事が31日始まった。12年度下期の開業を目指して、33〜48階建ての高層ビル4棟を建設する。長引く不動産不況と資金調達の難航で着工の遅れが懸念されてきたが、当初予定の09年度内の着工にこぎ着けた。

 1期区域の高層ビルには、オフィスやホテル、マンションなどが入る計画。また同区域は「ナレッジキャピタル」(知的創造拠点)として整備する方針で、中核施設として国際的な共同研究や人材育成に取り組むアジア太平洋研究所の設立が検討されている。

 午前10時半から、三菱地所や阪急電鉄など同地区の開発に携わる事業者12社の関係者ら76人が参加して地鎮祭を行い、工事の安全を願った。【清水直樹】

【関連ニュース】
阪急電鉄:大型ジオラマ 開業100年記念
アサヒ:甲子園で「超応援セット」 容器は応援グッズに
アサヒビール:甲子園、場外?首位決戦 “ほろ酔い”セット販売、容器は応援グッズに
なるほドリ:サッカースタジアム、大阪で造れるの? /大阪

<わいせつ行為>国交省係長を逮捕 兵庫県警(毎日新聞)
長官銃撃、「一種の冤罪」=警視庁を批判−アレフ(時事通信)
大阪市公金の返還求める、市公正職務審査委が勧告(産経新聞)
独法制度の廃止目指す=仕分けで再編、新形態を検討−枝野行政刷新相(時事通信)
<防衛脱税>秋山被告に有罪判決 東京地裁「巧妙で悪質」(毎日新聞)

<東九州道工事>橋に亀裂、造り直し 強度計算ミスか(毎日新聞)

 宮崎県日南市で建設中の東九州自動車道「広渡川2号橋」(仮称)で多数のひび割れが見つかり、国土交通省は、橋を取り壊して造り直す方針を決めた。工事は昨年4月以来、中断しており、工事を請け負う準大手ゼネコン「ハザマ」が自社負担で撤去・再構築を提案し、国交省は了承した。橋は主要部分を取り壊して工事をやり直す異例の事態となる。

 橋は国の直轄事業で、08年9月着工。全長265メートル。総工費10億円で工事進ちょく率は6割。広渡川にかかる橋はつながってはいない。今年2月に完成予定だったが、昨年4月、右岸側の橋げた部分(115メートル)に多数のひび割れが見つかった。完成まで橋を支える「仮支柱」に橋げたが約6センチ沈み込んでゆがみが発生したためとされ、ひびは目視できるだけで数十カ所に生じ、最大で長さ約10メートル。「ヘアークラック」と呼ばれる微細なひびは無数にあるとみられ、設計業者が強度計算を誤ったとされる。

 国交省は昨夏、有識者による技術検討会議を設置し対策を検討してきた。ハザマは部分的な造り直しやひびに樹脂を充てんして補強する案を示したが、検討会議は今月、長期的な耐久性を懸念する報告書をまとめた。

 検討会議は、自動車の重みに長期間耐えられるか、との観点で8回の会議を通じてハザマの補修案の妥当性を検討。報告書は「橋すべてを取り壊す必要はない」としながらも、「ひび割れ損傷の前例がなく、長期的な耐久性にどう影響するか分からない」と、完成後もたわみなどの監視が必要と指摘した。

 報告を受けて国交省は「十数年先の信頼性が担保できない」としてハザマの補修案の受け入れを拒否したが、協議の結果、ハザマが造り直しを提案したという。国交省宮崎河川国道事務所の伊藤高所長は「ハザマの提案を検討している」と話している。【石田宗久、種市房子、位川一郎】

【関連ニュース】
西九州道:佐世保みなと−相浦中里間が開通 「通り初め」で祝う /長崎
東九州道:広渡川2号橋 間組の補修方法、耐久性を疑問視 検討会議最終報告 /宮崎
西九州道:佐世保みなと−相浦中里の7.9キロ、20日開通 /長崎
東九州道:「広渡川2号橋」損壊 建設工法は未定 /宮崎
交通事故:九州道で5件 八幡−若宮間、2時間通行止め−−福岡

日航の「グレートキャプテン」最後の操縦かん(読売新聞)
吉野川第十堰、国交相が「可動化中止」明言(読売新聞)
児童ポルノサイト、リスト化して閲覧防止へ(読売新聞)
一度は体験してみたい、海に浮かぶ豪華ホテルの旅
首相「東アジア共同体構想を現実に仕立てる」(産経新聞)

calendar
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930 
<< June 2017 >>
sponsored links
リンク
無料携帯ホームページ
クレジットカードのショッピング枠を現金化
総量規制 主婦
クレジットカード現金化
携帯ホームページ
競馬サイト
ショッピング枠現金化
selected entries
archives
recent comment
links
profile
search this site.
others
mobile
qrcode
powered
無料ブログ作成サービス JUGEM